平成25年1月〜3月調査分
 (平成24年10月〜12月調査分)


 当商工会議所では、昨今の経済環境の変化に即応して、当会議所管内の中小企業の経営改善に資するため短期的な景気動向の把握や地域産業の諸情報・経済の問題点などを的確に収集、提供することを目的として 四半期毎に業種別景気動向調査を実施、平成25年3月期調査分の集計結果を下記の通りまとめた。

 1.調査時点 平成25年3月20日
 2.調査対象 当所管内の中小企業
(110社)
 3.回答企業数 43社
(回答率 39.1%)
業 種 別 内 訳
製 造 業 7社 小 売 業 7社
建 設 業 7社 運輸通信業 6社
卸 売 業 5社 不動産・サービス業 8社
水 産 業 3社    



T概況(全産業)〔今期(平成25年1月〜3月期)の概要〕
1.〔企業経営動向〕
  (1)売上高・採算
 今期の全産業の売上高DI(「増加した企業割合」−「減少した企業割合」の指数)は、前年同期と比較して減少したと回答した企業が39.5%▲27.9ポイントで、平成24年3月期調査▲27.9ポイントで変化は見られないものの、前期(平成24年12月期)調査分との比較では▲44.2→▲27.9ポイントで改善傾向が見受けられる。また、採算状況についても前年同期比▲41.9→▲30.2ポイントと僅かではあるが改善傾向を示しており、前期比でも同様に▲48.8→▲30.2ポイントで改善傾向を示している。業種別にみてみると、製造、小売、運輸通信、不動産サービスで好転の傾向を示している一方で基幹産業の水産、そして卸売業では依然として厳しい状況である旨数値を表しており、業種間で大きな隔たりがうかがえる。
    
  (2)総合景況感
 今期の全産業の総合景況感DI(「好転した企業割合」−「悪化した企業割合」の指数)については、前年同期と比較して▲48.8→▲37.2ポイント、前期比との比較でも▲44.2→▲37.2ポイントで僅かではあるが何れも改善傾向を示しており、向こう3ヶ月の予測でも▲41.9→▲25.6ポイントと悪化傾向を示す割合は低い傾向にあるものの、不動産・サービス業を除く全ての業種において悪化傾向から不変にシフトした結果によるもので地域経済においては依然として好転の兆しは見受けられない。

  対前年実績(平成25年1月〜3月) 予測(平成25年4月〜6月)
 (1)売上高  増加
 11.6%
 不変
 48.8%
 減少
 39.5%
 DI
 ▲27.9
 増加
 18.6%
 不変
 41.9%
 減少
 39.5%
 DI
 ▲20.9
 (2)製商品在庫  増加
 2.3%
 不変
 69.8%
 減少
 27.9%
 DI
 ▲25.6
 増加
 4.7%
 不変
 72.1%
 減少
 23.3%
 DI
 ▲18.6
 (3)設備状況  増加
 11.6%
 不変
 67.4%
 減少
 20.9%
 DI
 ▲9.3
 増加
 14.0%
 不変
 69.8%
 減少
 16.3%
 DI
 ▲2.3
 (4)採算状況  好転
 2.3%
 不変
 65.1%
 悪化
 32.6%
 DI
 ▲30.2
 好転
 11.6%
 不変
 58.1%
 悪化
 30.2%
 DI
 ▲18.6
 (5)仕入単価  下落
 2.3%
 不変
 58.1%
 上昇
 39.5%
 DI
 ▲37.2
 下落
 0.0%
 不変
 58.1%
 上昇
 41.9%
 DI
 ▲41.9
 (6)労働力  過剰
 18.6%
 適正
 67.4%
 不足
 14.0%
 DI
 4.7
 過剰
 20.9%
 適正
 62.8%
 不足
 16.3%
 DI
 4.7
 (7)資金繰り  好転
 0.0%
 不変
 83.7%
 悪化
 16.3%
 DI
 ▲16.3
 好転
 4.7%
 不変
 79.1%
 悪化
 16.3%
 DI
 ▲11.6
 (8)総合景況感  好転
 0.0%
 不変
 62.8%
 悪化
 37.2%
 DI
 ▲37.2
 好転
 7.0%
 不変
 60.5%
 悪化
 32.6%
 DI
 ▲25.6


2.〔経営上の問題点〕
 経営上の問題点としては、売上不振を第1位にあげた企業が約5割、次いで収益低下・過当競争・人材不足が夫々14%となっている。また、経営上の問題点の2位には収益低下が依然として高い数値を示している他、資金繰り難と回答をよせている事業所も多い。来期に向けて設備投資を計画している事業所は全体の1割程度で、地域経済においてまだまだ景気停滞感は否めない。

  売上不振 収益低下 過当競争 人材不足 人件費負担 設備不足 金利負担 資金繰り難 その他
経営上の問題点第1位 53.5% 14.0% 14.0% 14.0% 2.3% 0.0% 0.0% 2.3% 0.0% 100.0%
経営上の問題点第2位 11.6% 53.5% 7.0% 7.0% 9.3% 0.0% 9.3% 2.3% 0.0% 100.0%
経営上の問題点第3位 16.3% 11.6% 23.3% 7.0% 14.0% 9.3% 2.3% 16.3% 0.0% 100.0%
経営上の問題点 総計 27.1% 26.4% 14.7% 9.3% 8.5% 3.1% 3.9% 7.0% 0.8% 100.0%



U.業界の話題や行政等への要望について
 3月末時点で中小企業への貸し渋り傾向に不安感がある旨の意見等が寄せられています。
   
 



トップページへ